夏の終わりに高槻でいろいろ小皿中華。




まだまだ暑い日々が続いていますが、夏の終わりに友達と、大阪の高槻へご飯に行ってきました。

 

高槻にはあまり行くことはないのですが、高槻で食事と言えば、

やはり『はるぴん』。

 

大好きな昔からある中華料理屋さん。

 

 

素朴な中華料理なのだけど、どれもとても美味しい。
カウンターに座って話しながら、ぼちぼち飲んで、サクサク食べれる気軽なお店です。

 

6時に着いた時はすでに予約していた私達の席以外は満席。みんなとても楽しそうに食べてます。

早速、お酒を頼み、いろいろ頼んでお食事開始。

 

 

今回食べたのは、じゃがいものサラダ。

そして、ちらりんと左に見えているのは、干豆腐のサラダ。
干豆腐は食感が好きで、あると頼んでしまう食材です。

 

干豆腐(かんとうふ)
豆腐干と同じもの。岩豆腐と同じくらい固いお豆腐。それを細切りにした豆腐千絲を炒め物やサラダにして使うことが多く、酢の物にしたり、麺類っぽく胡麻味などあっさりとした味なのでさまざまなお料理に使えます。

 

水餃子もモチモチ。もちろん頼みました。

水餃子5個入 350円くらい。
美味しくて安いとか素晴らしい。

他も色々食べたけれど、やはり楽しみにしていた春巻き。予約しておいてもらったので、1人2個ずつ。

パクパク食べる。美味しかった~。

 

このお店の春巻きの皮がクレープより少し厚めくらいで、厚過ぎないのもあっさり食べられるのも好きなポイント。

今回はちょこちょこ食べて、2杯くらい飲んで4人で9000円くらいだったかな。安いのも魅力です。

いつ行っても混んでいる人気の中華料理店。

こんな感じのお店、ご近所に欲しいなぁ。