下鴨神社でのキンキンかき氷からトコトコ出町商店街まで。




下鴨神社へ参拝

 

台風が来る前日、カンカン照りの空の元、「かき氷、かき氷♪」とさるやのかき氷を目指して下鴨神社へ行ってきました。

 

まずは本殿への参拝から。

 

縁結びの神様、相生社。

 

さざれ石。

さざれ石
火山の噴火で石灰岩が分離して固まって出来た岩石。国歌の君が代にも出てくるあの『さざれ石の巌となりて』(小石が長い年月をかけて大きな岩となる)のさざれ石です。力強い生命力を感じる岩石なので、さざれ石を神として祀られている場所が多くあります。

 

さるやでかき氷

 

休憩処 さるや
下賀茂神社の境内にあるさるやは、申餅(さるもち)が名物。さらに夏にはかき氷がおすすめ。参拝後にさるやでいただく氷で気持ちもからだもすっとしていきます。

 

さるや到着。
飲み物もありますが甘味メニューもいくつかあって、縁結びの相生社にちなんで良縁ぜんざいがあったり、氷の花と言う名前の小豆バーのアイスがあったり。

 

今回いただいたのは、かき氷。
種類はイチゴ、抹茶小豆なんかもありましたが、今回選んだのは『氷室の氷 黒蜜白玉 練乳がけ』。

 

 

ジャーン。

 

このビジュアル。白玉もキラキラ。氷フワフワ。
先に練乳がかかっていて、あとで黒蜜をかけるかき氷。

この黒蜜を回しかけて、

 

黒蜜でフワフワのかき氷を溶かしてしまう罪悪感を消すように、サクサクいただきます。
黒蜜と練乳なので甘ったるそうだけど、ちょうどいい甘さです。

美味しい~。

 

お茶碗の絵柄は、双葉葵のご紋入りでございます。さすが下鴨神社。

お隣にいらした方に話しかけられて、少し雑談しながら完食。

ごちそうさまでした。

 

お土産に申餅を買って帰るか迷ったけれど、出町柳でふたばによる予定だったのでお店を出て、テクテクと糺の森を通って出町柳まで歩いて行くことにしました。

 

 

イベント後だったために、球体がたくさん。ライトアップされてない球体達も休憩の様子。

 

ダラリ~ン。

 

糺の森もライトアップの飾りの撤収中でした。イベントで人が多かったのだろうけれど、この日は歩いている人達は少なめだったのでゆったりと緑の中をお散歩。

 

糺の森を出て、葵橋を通り商店街へ向かいます。

 

商店街の到着

 

出町桝形商店街に10分くらいで到着。

ここは短い商店街なんだけれど、昔ながらのお店と新しく出来たお店がうまく混在している商店街です。最近あまり行ってなかったけれど、なんだかおもしろそうな商店街になっていました。

 

突然、黒板があったり、

 

魚のオブジェがあったり、

 

阿闍梨餅屋さんもあるなんて知らなかった。

 

 

前から気になっていた出町座にも行ってみました。
1階はカフェとちょっとしたセレクト本屋さんになっていて、雰囲気のいい街の映画館になっていました。

今回、ちょうど『カメラを止めるな!』をやっていてみたかったけれど、満席。大人気。

 

お土産はふたばで

 

今日のお土産は、出町ふたばの豆餅。
秋の栗餅が出てました。

じゃあ、栗入りのお赤飯もゲットかと思ったけれど、栗入りのお赤飯はすでに売り切れ。
栗なしのお赤飯もを土産にして帰宅。

 

ここの豆餅も美味しいけれど、栗餅が上品な味で好き。秋限定の響きにも惹かれます。

 

9月になり、かき氷の季節もそろそろ終わり。秋のお菓子散策にもたくさん出掛けたいなぁ。