映画 『祈りの幕が下りる時』







『祈りの幕が下りる時』、新参者シリーズの映画を見てきました。

 

車検で車を出しに行ったついでに映画に。
1人で映画を見るのいつぶりかな。 1人で映画を見たのもあってか涙腺が緩んでしまい、久し振りにボロボロ泣いてしまって自分でもびっくり。

阿部寛を中心とした俳優さん達も、雰囲気もすごい好みだった。
衝撃シーンも多かったのだけど。

 

新参者シリーズはTVシリーズも麒麟の翼も好きで見ていたのだけど、今回の映画は阿部寛の加賀恭一郎がやわらかくて、かわいくて加賀恭一郎のまた違った一面が見れます。

内容は簡単には説明出来ないのですが、すごくわかりやすく時系列でおっていたりして、作り手の見せ方にもわかりやすさがありました。

好きだったシーンはたくさんあったなぁ。

一番はやはり最後かな。真相がわかっていくところから、最後のカーテンコールのシーンまで転がるように進んでいって切なかったのだけど、最後のカーテンコールと加賀さんが重なるところは秀逸ですごくいいシーンでした。いろいろな意味を込めた最終楽。この映画を引き締める好きなシーンです。

あとひろみ役の松嶋菜々子が赤の大きな絵の前で真相を探られるシーンも。迫力と美しさでグッときちゃいました。

それから、子役の女の子のシーン。うまかったなぁ、あの女の子。家に帰ってさっそく調べたら、桜田ひよりさんって女優さんでした。

あの子の演技でもポロポロ。最後の親子のシーンも。ポロポロポロポロ。
魅せる映像にポロポロポロポロしてしまいました。

 

実のところ、ミステリー好き過ぎて原作を読んでないのに、見だしてすぐに話の展開が読めてしまったのだけど、死体のシーンとかかなりえぐいのに、なんというか上品とかきれいにって言葉が合うような、最後まで余韻を残した好きな映画でした。

親子愛も、家族愛も、愛は絆が深まれば深まるほど絡まる。それを題材にした映画が多いけれど、今回は濃厚なまっすぐな愛情を見せてくれる映画。まっすぐだからこそ、切ない映画になったんだろうな。