宝塚でワクワクの月組『All for One』。







夏の日。
今回も美月ちゃんと一緒に宝塚歌劇を観に、宝塚に行ってきました。

 

 

お昼の公演だったこともあって、ランチチェック。
幕間に食べれるレストランなどもあったのでそれも経験したかったのですが、時間的にゆっくり出来そうじゃなかったので、中で販売されていたサンドイッチを。いや、サンドウィッチを幕間にいただくことにしました。

あの幕間に入れるレストランって、舞台観劇の時に見かけるけれど、どんな感じなんだろう。
時間との闘いがありそうな気がして入れないけれど、いつか戦いに勝ち目がありそうな気がしたら入ってみたいな。

 

さて、宝塚歌劇。
入ってすぐにある劇場の中の特徴的な階段で写真を撮ったりして、さらにテンションアップして、観劇タイム。

 

今回見たのは、これ!!

 

月組公演!!

『All for One』  ダルタニアンと太陽王

珠城 りょうさん!!
愛希 れいかさん、美弥 るりかさん、宇月 颯さん、月城 かなとさん。そして、暁 千星さん達の出演した舞台。

三銃士のお話です。

すっごくよかった。キラキラ&美しい。完璧。
出演者の演技も歌も脚本も衣装も空間でもすべて酔えました。

珠城 りょうさんとってもかっこよかった。美弥さま、感動。
愛希 れいかさんも衣装もキラキラでかわいい顔と相まって、さらに美しく輝いてました。
あと暁 千星さんのかわいかったなぁ。かなとさんも美しかったし。
あぁ、月組。

内容も脚本が素晴らしかったのもあって、とてもおもしろく、現代的で今の宝塚を観れてうれしかったです。

劇場を後にして、帰りはゆっくりグッズ売り場でウロウロ。いろいろなグッズが販売されていて、ものめずらしくていろいろ買ってしまうから帰りに寄るのは注意だね、なんて言いながら結局いくつかゲットしてしまいました。

足りずに帰ってから歌のCDまで購入。単純です。

 

あと建物の中にステージスタジオなんてものも発見。衣装を着て写真を撮ってもらえるスタジオ。
お化粧ありとなしがあって、なしならその日に申し込んでも撮ること出来るようだったので、記念だよ~と美月ちゃんに宝塚衣装に挑戦してもらうことに。

いくつか衣装も選べたのですが、今回はマリーアントワネットのピンクの衣装を選んで写真を撮ってもらいました。

衣装は舞台でも使われた本物の衣装とのことで、本格的。お化粧はなかったのですが、マリーアントワネット風のくるくるのカツラをかぶってポーズを決めて写真撮影。
衣装もカツラもかなり重いって言っていたのを聞いて、舞台に立つ人達はそんなに重いものを毎日つけて歌って踊ってを繰り返されているんだなぁと尊敬。

写真はさすがにここに載せられないけれど、載せたくなるくらいキュートな写真になりました。写真だけでなく写真がついたマグネットまで作ってもらったりもして、そちらは私がゲット♪
楽しかった~。

 

舞台は好きなのに最近あまり見に行っていなかったのですが、宝塚にはかなり魅了されて、ライブに費やしていた日々をもう少し舞台に変更していきたいなと。

お隣の席の方は男性でおひとりで見に来られていた様子。そっかぁ、一人でいってもいいんだと納得。
楽しみにしてきた常連さんな感じが伝わってきたのですが、そんな人達がたくさんいるんだろうなぁってほんわりした気持ちになりました。

とにかく清く美しく素敵な宝塚歌劇。

 

また近いうちに(チケットさえ取れれば)絶対に見に行く~。