ルッコラ・ロケット*についてのノオト







ルッコラ(ロケット)

 

数年前、ルッコラ(ロケット)を大量に育てていたことある。
誰かに種をもらって育てたら、少しの苦味と香ばしい香りにはまり、これは栽培したいと毎日せっせと育てていました。

葉の部分は、大根の葉やタンポポの葉のような形をしています。
味はよくゴマのような味と例えられる、ふんわりと優しく口に含むと軽いパンチのあるハーブ。
まだ若いうちのやわらかい葉の部分を、朝に収穫してハムとトーストと一緒にいただくのが朝の楽しみでした。

あれから数年、あれほどの量は栽培予定はありませんが、今年も少しは育てたいと準備をしています。

 

ルッコラは、フランスでロケット、イタリアではルケッタ、イギリスではルッコラ、日本では和名キバナスズシロ。

各国で育てられていてお料理に使いやすいものは、その国で定着して名前が付けられたり、変化していくのでしょう。最近、イタリア料理などでもよく使われることもあり、日本でもルッコラで統一されてきているようです。

 

フレッシュで生のまま使うことが多いルッコラ。
マーシュなどと一緒にハーブサラダにしても、普通のサラダより元気の出るサラダになります。
生ハムとも相性がいいので、チーズ、ルッコラ、生ハムの組み合わせがおすすめ。ピザやパスタにぴったりです。

お花もすぐにしなっとなるのであまりおすすめではないですが、食べれます。

ルッコラは、日本人にとっては食べやすく、店舗でも見かけることが増えたので、食べたことがない人にはぜひ一度試してみて欲しいハーブです。

 

育て方

 

種から育てても、簡単。春か秋に日当たりのいい場所に置き、土が乾燥したら水をたっぷり追加してあげるだけで、肥料もあまりいりません。

ただアブラナ科の植物は、どうも虫に食べられやすいものが多く、ルッコラも例外でなく、ある日、虫にすべて食べられていたなんてこともあるので、虫がついていたらすぐに場所を移動させたり出来るようにプランターで育てるのも一つです。

種の種類や、天候でなのか、とても丸っぽい形になったりと、細くなったり形が変わることもあります。

 

 

ルッコラ・ロケット

英:Rocket、Arugula

別名:ロケット、キバナスズシロ

科名:アブラナ科