ロンドン(London)をトコトコ歩く旅。







まだ寒さが厳しい3月のロンドン旅NOTEです。

 

まずは旅行準備

 

ヒースロー空港に到着後、電車でホテルに。今回は、格安旅行。飛行機は安めのをJTBで取ってもらって、ホテルは自分で初海外サイトで取ることに。

エクスペディアとhotels.comをひたすらチェックしてホテルを選ぶ。さんざん迷ってエクスペディアで取ったつもりが、エクスペディアとhotel.comを開いていた間に何故かページが出てきていたkickback.comって会社で取ってしまう。いや~、自分でもびっくりなミスなのですが、「エクスペディアとhotel.comしかページ出してないから、エクスペディアだと思って」とか言っても後の祭り。格安海外サイトのほとんどはカードを切ったらそれで終わりでキャンセルは出来ず。

あり得ない間違いなのだけど、よくよく調べたらエクスペディアの子会社ってことで、ページを開いていたら出てきてしまっていたみたい。

この会社はFacebookでシェアして5%、友達に紹介してさらに5%割引と言うSNSを使った海外格安旅行会社。

エクスペディアの子会社と言っても確定メールさえも送られてこなかったので、直接ホテルに確認メールを送ったりして、ちゃんとチェックイン出来るかドキドキでした。今回はトラブルなく、しかもかなりうれしい価格でホテルに泊まれたからよかったですが、やはり海外サイトは日本のサイトより安心感は少なく怖かったです。

※ちなみにこの話には続きがあり、このキックバック.コムはなんと帰った次の月の4月にはサイトが消失しておりました。そしてFacebook PAGEも。ギャ~、オソロシイ話です。

 

ロンドン到着

 

旅はまずヒースロー空港に到着。

200 199

そこからホテルまでは、電車で1時間くらい。スーツケースをゴロゴロひいて、ど~んと深いtubeに乗って行きます。

 

今回もオイスターカード(suicaみたいなもの)を買ったのですが、ロンドンの地下鉄(tube)が開業150周年記念のカードだったので、ちょっとプレミア感。オイスターカードを使えば、一日中乗っていても一日乗車券のように金額の上限があるので安心です。デポジットがかかりますが、カードを返却すれば帰ってきます。

 

さて、そんなこんなで無事にホテルに。

ホテルはヴィクトリア駅から歩いてちょっとした場所にあり、こじんまりしたかわいいホテルで、美味しい朝食付、バス付(これ重要ですよね)で一部屋二人で12000円。ロンドンはホテルが高くて有名なので、ホテル自体はとても満足出来るホテルでした。

もちろんベルギーも取ったのですが、こちらも一室1万円を切っているけれど、こちらもしっかりとした素敵なホテルでした。終わりよければ・・・ってことでよかった、よかったなのですが、知らないWEB予約はやはりリスクは高いですね。

 

■LONDON HOTEL:The Windermere Hotel
142-144 Warwick Way Victoria, London SW1V 4JE, England

198 197 198

 

朝食は、好きなパンなどにegg、ハムなどの中から3品くらい好きなものを選んで、好きなように調理してもらえました。

195 196

 

 

イギリスの定番のイングリッシュソーセージと焼きトマト、あと薄切りの三角トースト。

195

酸味のあるトマトのソテーと薄いパンとパン置きが旅行気分を盛り上げます。

194 192

手作りのブルーベリーマフィンも美味しかったです。

193

 

 

ホテルから街中へ。

pimlico駅まで歩いてみたら、かわいい雑貨&デリがあるDayleford Farmshop発見。

コッツウォルズ地方のパン屋さんやクラフトメーカーのお店で、カフェもありました。

160

159

158

パンなんかもタグ付き。
レイアウトもかなりスタイリッシュ。時間がなかったのでランチなどは出来ず、ちょい雑貨などを購入しただけなのですが、ノッティングヒルにもあるみたいなので、次回に行った際にはゆっくりお食事かお茶でもしてみたいです。

 

 

今回の目的の一つは、レミゼラブルを見ること。

レミゼラブルのチケットも日本から取っていきました。日本でチケットを予約購入して、受付でチケットをもらえたのでスムーズ。

レミゼラブル チケット:http://www.lesmis.com/uk/tickets/booking-information/

 

190

189

187

186

 

 

レミゼラブルのシアターは、中華街のすぐそばなので、 中華街でご飯を食べようと向かったのですが、バイキングのお店が増えていて、値段も同じ値段くらいのお店が多し。ちょっと高めのお店に行ったら時間も取られるからと迷った末にバイキングにしたのですが、ソコソコのお味でした。まぁ、こんなものかな。

 

 

気を取り直して、レミゼラブル。

184

日本で映画も見てからだったこともあり、その役者さんと比べたり、目の前の迫力でワクワクしたりであっという間の時間。

当たり前ですが、英語オンリーなためわからないこともあったのですが、でも大満足。

182

180

 

 

次の日はヴィクトリア&アルバートミュージーアムへ。

Victoria & Albert Museum:Cromwell Rd.SW7

彫金やジュエリーが満載で、ここは昔から大好きな場所。ほとんどが無料で見ることが出来ます。ミュージーアムショップもおもしろいものもいろいろあって、お土産を買うのにもおすすめ。

154

 

156

156

120

110

 

エリザベス塔と言われてもビッグベンと呼ぶ

 

 

ロンドンに来たので、観光って言ったらここにも行かなきゃ。

401

38

37

36

35

34

33

 

32

ビッグベンを見て、今回も乗りました。

 

LONDON Eye(ロンドン アイ)

 

広めの観覧車は、いろんな国の人と一緒に乗れるので、あぁ、旅行に来たなぁと思えるヒトトキ。

30

乗り込んで、

24

上へ上へ。

29

27

25

 

値段は、普通に並ぶタイプで19£くらい。他の観光付のチケットもあり、さらに人が多い日には並ばずに早く乗れるファストタイプ、30£というのもあるみたいです。

チケットセットなどもあるので、行くことが決まっているならばチケットを先に調べておくのがおすすめです。

The London Eye : https://www.londoneye.com/

 

 

公園でお散歩

 

ハイドパークを散歩。

イギリスに行くと、ひたすら歩く、歩く。あとバス。電車・・・。また歩く。

100

99

46

公園でゆったり。リスもたくさんいます。

44

コヴェントガーデンのマーケットにも久し振りに行きました。お店もほとんど新しいものに変わってしまっていたけれど、ちょこちょこのぞいてウインドウショッピング。

23

22

21

 

 

コベントガーデンのあたりにも行ったのでニールズヤードにも行ってきました。

アロマテラピーと言えば、仕事がアロマテラピストと入国審査の時に書いていたら、「アロマテラピストだとイギリスでアロマの仕事はされますよね?」と当然のように言われてしまいました。「ビジネスでなく観光です。」と言うとそうなの?と。
男性だったのですが、イギリスではアロマテラピーと言う言葉、浸透してますよね。

日本の男性に、アロマテラピーの仕事しています。って言うと「それは香りの・・・何?」と言うくらいの認識の人がほとんどなんですが。

 

アロマテラピーの仕事を始めるきっかけになった、ニールズヤード。お買いものをしなかったのですが、懐かしくてウキウキするお店です。

なによりも小道の奥にある場所が素敵なんだなぁ。

13

 

 

いつも素敵なリバティー

 

特にリバティー柄のファンでもないのですが、ここ、好きです。

16

ロンドンもファストファッションのお店だらけになってきてちょっとつまんないのですが、ここは昔から変わらず木造の床や柱で、フロアの雰囲気が素敵。

 

デパートはジョンルイスにも行きました。かわいい系が好きな人はぜひ。
John Lewis : http://www.johnlewis.com/

昔はハービーニコルズなんかもいいなぁと思っていましたが、久し振りに行ったらあまり好みではなくなってました。残念。

 

旅行に行ったらスーパーにも必ず行くのですが、今回はTESCOに。

お土産に紅茶とかがいいなぁと思っていたのですが、最近紅茶も輸入でほとんどの種類が日本に入っているので、ちょこっとお菓子を買ったりしただけにとどまりました。

 

ハロッズ、ハロッズ、ハロッズ

 

そして、ここも大好き。ハロッズ。

Harrods : http://www.harrods.com/

特に好きなのが食品のコーナー。昔のお肉屋さんや魚屋さんのレイアウトなんかも好きだったのですが、今は今で見やすくって素敵です。でもって、どれも美味しい。

やはりあの異空間ははずせないデパートであります。

71

ハロッズのオリーブもゲット。ガーリック入りの辛めのが好みの味で美味しかったです。

 

住んでいたら食べてみたい生パスタ類。

30000

20000

 

今回のロンドンは、途中で風邪をひいてしまい、一日ウロウロして外食するのがつらくなり、結局、ハロッズのお惣菜なんて晩ごはんになった日もありましたが、オリーブオイルもサンドイッチも美味しかったです。

日本食ブーム?

 

食べ物ではすごく気になったので、ワサビにも行ってみました。

 

42 43

ワサビは、最近ロンドンであちこちに出来ているカジュアル日本料理のお持ち帰りのお店。
カジュアルなお味なのですが、長期滞在の時には使えそうですよ。

20年前はロンドンに行った際に、日本人が好かれてないのが手に取るようにわかったのですが、ワサビを見ても人気で人も入っているみたいで、今はどちからと言うと食や文化のイメージで受け入れられているみたいですね。

日数も少なかったのであっという間のロンドン滞在でしたが、やはりイギリスは好きな街の一つ。今度は晴れた春に、コッツウォルズのあたりでお散歩をしてみたいなぁ。

 

ここからは電車に乗ってベルギーに移動です。

続く


 

LONDON 情報

■The United Kingdom of Great Britain & Northem Ireland(グレードブリテン&北アイルランド連合王国)

■ポンド 1£=この時は123円くらい。

■チップあり

■気候:日本よりちょっとだけ温度が低い

■時差:-9時間(サマータイム時期は-8時間)

 

■持って行ったら役に立ったもの:使い捨てスリッパ(ホテルにスリッパがないところが多いので)、フード付きシャンバー(雨が多いので)、変換プラグ、マイ箸