キラキラド眩しいブロヴニク(Dubrovnik)の美しい海までの旅。




ドブロヴニクは城壁の入口から

 

クロアチア旅。
後半は美しい国、ドブロヴニク。

クロアチアの南に位置したアドリア海に面したDubrovnik。

世界遺産の旧市街は城壁に囲まれています。城壁の中はどこも美しくて、細い路地まで魅力あふれる街でした。

 

到着して、早速旧市街の城壁の中へ。

ピレ門から入っていきます。

入ってすぐにあるのがオノフリオの大噴水。

そして、メインストリートのプラツァ通り。

ピレ門のあたりには、内戦の後の状態が入口に示されていたりしたのですが、中はディズニーランドぐらい、観光地化していてお店がずら~っと並んでいます。これはこれでとても楽しいのですが、ちょっとびっくり。

R00130100

中には、買物出来たり、カフェも多く、さらに銀行もあります。

メインを歩くのもよし、裏路地をウロウロするのもこちらの人の生活を感じられていい感じ。

 

R00130090

裏道に行くと、生活感があって住んでいる人が意外と多いのがわかります。

R00130060 R00130010

 

 

ランチは海を見ながら

 

お昼だったので、海のそばの港に面したレストランのテラス席でランチをいただくことに。

R00129570

Lokanda Peskarija。
シーフードのお料理が多くて、みんなでリゾットやムール貝などなどをパクパク。
値段も思ったより高くなく、とても美味しくて満足。

R00129800 R00129730 R00129770 R00129760 R00129870

最後に食べたプリン。ロジャータ(Rozata)って言うそう。カスタードプリンで、甘過ぎなくて好きな味でした。

 

R00129520

 

 

 

ほぼ観光客と言う場所ながら、私達はあまり日本人に会うことはなく、東洋人は少なめでした。ただ日本人にも旅行会社のツアーなどでは人気の場所らしく、時期を変えると日本からの旅行客がいっぱいと言う日もあるそう。

そんな日本はあまりこちらの人には馴染みがないかなと思っていたので、任天堂のゲームをしている少年を見つけた時と、キティーちゃんのアイスでちょっとテンションがあがりました。

 

R00130310

隠れて任天堂のゲームをする少年。かわいい。

R00130320

 

アイスはキティーちゃん。いろいろと謎。

R00130240

イチゴ味のピンクアイスでした。

R00130250

 

 

世界に3番目に古い薬局なんだって(もちろんハーブ系薬局)

 

ドブロヴニクに来たら行ってみたかったのが、マラ・ブラチャ薬局。
世界で3番目に古い薬局だそうで、ハーブの製品が売っているお店。

海外に行くと、修道院コスメが多く販売しているけれど、こちらも同じく修道院コスメのナチュラル系です。
昔は修道院でハーブを育てて、薬の代わりのハーブティーを作ったり、コスメを販売していたところがたくさんあり、今はそのまま化粧品屋さんになっているところが多いよう。

このお店は、フランシスコ会修道院の入口付近にあるのだけど、こちらも14世紀にフランシスコ会修道院が建築された当時から併設されているんだって。

このお店は日本人が多く来店しているようで、商品が売り切れたこともあると聞いたのでどんな商品なんだろうと期待していたけれど、商品自体はあまり種類はなく、アロマコスメはレジ横に置いてありました。それでも、ここに来たらぜひ行って欲しいお店です。

私はお土産用のリップやクリーム、石鹸などを購入。
さらに、さらさらっとしたハーブの乳液を購入。この乳液は、旅行中から使い出したのですが使い心地がとてもよくて、もっと買えばよかったと後悔するほど気に入りました。

ナチュラルコスメ好きには、ここの乳液はおすすめです。

 

R00130230

 

R00130180 R00130160

 

 

ロープウェイに乗ったら絶景が待っていた

 

ドブロヴニクでもザグレブと同じように、パラソルの下は青空市場。
ハーブやハーブ酒、ジャムなんかが並んでました。
そんな青空市場をプラプラお店を見たり、ケーブルカーで山の上まで登り、お茶を飲んだりと夜までゆったりゆっくり楽しめます。

 

夕方にはロープウェイに乗って、ドヴロブニクの街が見える絶景カフェへ。

山の上のカフェは、それはそれは素晴らしい景色で、 ファンタがいつもより美味しく感じられました。

R00130500 R00130510

 

 

おすすめしてもらったツァヴタットまで船でゴー

 

次の日は、私達は、ドブロヴニクから船に30分くらい乗って、ツァヴタットという小さな町へ。

小さい船に乗ってGO!!

R00132310

ついたのはこんな町。

R00131660

 

R00132300 R00132290 R00132270 R00132250 R00132230 R00132220

 

奥に行くと海水浴が出来る場所。のんびりと泳げます。

R00132060 R00132040 R00132020 R00131910 R00132000

 

ここも素敵な場所で、泳いでいる人あり、カフェランチしている人あり、ただただ寝転んでいる人あり。

贅沢な休日を満喫している人達と共に、まったりまったり。

ゆったりした時間を過ごして、再びドゥブロブニクへ。

 

夕暮れまでしばしまったり

 

R00131670

再び、町をお散歩。刺繍の布物が人気のお土産ものみたいで、たくさん販売していました。

R00132660

やはり赤が入っているものが多くて、ここでも赤色が入った刺繍のものを少し購入。奥に見えている白布にハートの柄が向こうでは定番柄らしく、かわいかったです。

ザグレブでもすでにお土産にと刺繍ものを買っていたので、控えめにと思ったのですが、いろんなお店があって心ひかれちゃいました。

階段の上にあったBacanと言う刺繍のお店にも行ったのですがここも素敵でした。手刺繍らしく、値段はちょっと高めでしたが、お土産用にコースターなんかをゲットしました。

 

さらにおすすめがお塩。おすすめしてもらったのですが、たくさん買うと重くなっちゃうからと気にして少ししか買いませんでしたが、もっと買えばよかった。特に粒の大きなやつ。程よい甘さがあるお塩で、買ってよかったものの一つです。

 

そして、ツナ缶。ツナ缶は、こちらで書いてみました。 → ツナ缶

 

 

お散歩&お買物ついでにかわいい女の子も見つけちゃいました。

この女の子、憂いがあってかわいかった。

R00132640

 

 

 

ここはお昼間の海だけでなく、夕暮れも素晴らしかった。

夕焼けを見ながらのカフェとかも素敵ですよね。
夕暮れを見ながら、しばし幸せに浸る時間。

R00132970 R00132960

 

夜まで賑やかな街でしっかり楽しみ、お土産を買いに行ったり、晩ごはんをいただいたり。

町の喧騒も、美しい景色も、すみきった空気も、優しい街の人も、クロアチアはとても心地よい場所でした。

(ただ晩ごはんは、支払い後にお店の人にお金を抜かれて、足りませんでした~とぼったくられたので、そこだけがマイナスポイント。)

R00130570 R00130560

クロアチア、ほんとよかった~。

絶対、また行きたい。

 

帰りはバスでクロアチアとボスニアヘルツェゴビナの国境へ。
映画でしかみたことがない国境越えのゲートを過ぎて、サラエボまで。
そろそろ今回も旅は終わりに近づきました。

美しい国、ドブロブニクの旅でした。