宇治でワクワク普茶料理。




宇治の黄檗にある普茶料理の 「白雲庵」に行ってきました。

精進料理は何度かいただいたことがありましたが、普茶料理は初めて。かなり楽しみにしていました。

 

ここの普茶料理は黄檗精進料理というものらしく、中国風で大皿で出てくるお料理とのことなので、今回は賑やかな人数での訪問。

 

最初にお料理の説明が置いてあったのですが、それを見ているだけでもワクワク。

blog_import_528d8f940774f

 

中国風の精進料理だから、お野菜と、木の実なんかが中心。一つずつ手をかけてあるお料理で、少しとろみがあったりと中華料理風でもあります。

blog_import_528d8f95575f1

これは葛でとろみがついていて、木の実なども入っているので歯ざわり楽しめるお料理でした。

blog_import_528d8f9649cdd

口に入れるまで材料がわからないものや、めずらしい色のものもあったり。食べる前に味を想像するのも楽しかったです。

blog_import_528d8f9733581

精進だけど、油を使ってある普茶料理だから、揚げ物もありました。不思議。

blog_import_528d8f9872763

手前のが梅干しを揚げてあるものでこれだけ得意ではなかったけれど、他はどれも美味しかったです。

 

最後にデザートとお抹茶。

デザートは豆乳の優しい味の杏仁豆腐でした。

blog_import_528d8f996544a

 

体を内側から労わるのは栄養だけでなく、こういった手間も必要なんだろうなぁ。なかなかまとまって時間が取れないけれど、手間をかけて作ったもので頭を休めていただく。

そんな贅沢な時間を大切にしたいです。