初のウマカラのキムチ作り。




この間いただいたキムチが美味しかったので、ハーブの関係で仲よくなった陳さんにキムチの作り方を教えていただいてきました。

初のキムチ作り。しかも、材料もかなり本格的です。
美味しいものが出来そうな気が。

 

ヤンニョン作り

 

まずはベースになるヤンニョン作りから。
唐辛子数種類、アミエビ、いかの塩辛、にんにく、はちみつ、水などを混ぜます。

アミエビの味でも変わるらしく、重要とのこと。アミエビを買ったことがなかったので、どこで購入出来るかとか興味津々。

 

いかの塩辛をハサミでちょきちょき。
それをアミエビやニンニク、はちみつなどフードプセッサーでガーと細かくします。

 

その時、固かったらお水を入れて、混ぜ混ぜしていい固さにするそう。

混ぜ混ぜしてこんな感じ。
こうやって辛みはあるのだけど、しっかりと美味しいヤンニョンが出来ました。

 

キムチを完成させる

 

 

後は陳さんが塩で押してくれていた白菜に、手袋をはめて丁寧に馴染ませていきます。

どんどん漬けていき、大量の白菜キムチの出来上がり。
すごい美味しそうな香りのキムチ。馴染ませたら食べられるそうで、出来上がりがとても楽しみ。

多めに作ったヤンニョンももらって帰ったので、週末はこれで作ると美味しいと教えてもらった豆腐チゲを作ってみようと思います。

イチからのキムチ作りは手間もかかりなかなか大変だけど、このヤンニョンがあればまた作る機会も出来るかな。

 

アジア系の料理にはまる今日この頃。
陳さん、ありがとうございました。